高松市で進学塾をお探しならTSJGYM(高松進学塾)へ

コース

TSJ PG2020 GYM

ロボット・プログラミング教室 TSJ PG2020 GYM

学習指導要領が改訂されます!2020年度から小学校、2021年度から中学校、2022年度から高校で履修内容が大幅に変更されます。小・中・高等学校を通じてプログラミング教育が必修化されます。なぜなら、日本はIT開発後進国だからです!みなさんの使っているスマホは日本製ですか?メーカー名や外装飾ではなく、使われている中のシステムの話です。 日本が続けてきた教育のおかげで現状は「どのような手法・手順で行うべきかを論理的・創造的に考える」「プログラミング的思考」が身に付いていないために、ちょうどいい解をネットで見つけてコピペする文化が根付いてしまいました。ある意味明治維新から日本の伝統ですが・・・。今後、予測不能な変化や課題が私たちの前に立ちはだかった場合、その一つ一つを論理的・創造的に解決していく上でも、「プログラミング的思考」は必要不可欠な力となります。そのための学習指導要領改訂なのです。

プログラミング教育の「三つの柱」

▶文部科学省「プログラミング教育」へのリンク

Pepperだからこそできる体験

TSJGYMではソフトバンクの「Pepper社会貢献プログラム」に参加しています。 Pepperを使ったプログラミング教育のメリット

TSJ PG2020 GYMでは「Pepper社会貢献プログラム」を活用し実施していくことで、これからの時代に必要不可欠な「IoTが生活の中に存在する社会」を理解し、利用するスキルを育てます。

さらに、日本人がみな心に持っている「ロボットは友達」という意識を大切にし、「人型ロボットとの相互依存」という未来への希望を伸ばすディスカッションを含めたアクティブラーニングをすでに実践しています。 まさに、2020年から子どもたちを取り巻く環境に対応したGYMです。

ロボットキット教材を使用したよくあるプログラミング教室では、「決められたミッション通りにロボットを動かすこと」を目的としているものをよく見かけます。確かに論理的思考は育つかもしれませんが、一方的に与えられたミッションをこなすだけでは、プラモデルをマニュアル通りに作ることとあまり変わりません。学んだ成果は、画一的になり、また、ミッションの枠を超えて自ら問いをもって考えるという過程にもつながりにくくなります。 一方で、人型ロボットであるPepperに触れ合った子どもたちは、どこで使いたい、どういった場面でどのようにしゃべって欲しいという多様な利用イメージを創造することから入ることができ、それに向かって論理的にプログラミングの方法を探し始めます。時には子どもたちの個性がPepperのキャラクターとして表れ、普段口には出さない道徳心や些細な感性も見ることができます。また、Pepperは実用可能な本物のロボットですので、作ったプログラムを搭載したPepperを実際に使ってみて、結果を子どもたちが得る体験ができることが大きな特徴です。

Pepperを使ったプログラミング教育を学んだ子供たちの感想

  • プログラミングは社会の役に立ちそうだ(100%)
  • プログラミングで色々なことをやってみたい(97%)
  • プログラミングの経験は将来、仕事に生かせそうだ(94%)
  • プログラミングを使った仕事をしてみたい(83%)

受講概要

親子説明会・体験会 開催!! 毎週土曜日 19:30より 詳しくは、お問い合わせください。

対象 小学生・中学生
受講日時 隔週土曜日(ひと月2回) 15:00〜16:00 または 19:00〜20:00
授業料 小学生 : 5,500円(税込) 中学生 : 6,000円(税込)

▶お得なセット受講割引があります!!

お問い合せ先はこちら

TEL:087-837-7225 月〜土 15:00〜22:00

入会申込・資料請求・お問い合せ

このページの先頭へ