高松市で進学塾をお探しならTSJGYM(高松進学塾)へ

2019年合格体験記(承諾者のみ)

2019年4月18日現在

高松北高校 普通科

中村 葵 さん

毎日塾へ行き、永遠に終わらない気がした受験勉強の日々。躓いたときには、塾長から多くのアドバイスをもらいました。アドバイスをもらい、あきらめずに日々努力する大切さを身につけました。高校受験は大変だったけれど、自分を大きく変えることができた日々だったと思います。高校でも目標を持ち頑張りたいです。さぁ、次は大学受験。

2019年4月5日現在

高松高校 普通科

横手 美紀さん

与えられたものを使えるようにする。それを知識にして組み合わせる。答えではなく、解く力が大切だと感じました。入試を終えて、改めて速く解くことが鍵だと感じました。もっと早く基本を身につけ、たくさんの問題にあたれば良かったと思っています。
自習は苦痛に感じるかもしれませんが、いつも良いタイミングで発せられる塾長の発言が気持ちを奮い立たせてくれました。今までで感じたことの無い1年でしたが、得られたものは大きかったです。結果ではなくこの経験に「ありがとうございました」。

2019年3月30日現在

高松桜井高校 普通科

細川 さくらさん

私はただノートにまとめて自己満足な勉強をしてはいけないことを学びました。また、真面目に覚えるのではなく、面白く印象に残るように覚えることも学びました。心が折れそうになった時、いつも先生が授業中に話してくれる話で立ち直ることができました。本当にありがとうございました。

高松桜井高校 普通科

小山 侑生さん

先生から教わったことをノートにまとめ完璧にできるようにすることで、数学の点数を伸ばすことができました。ただいろいろな問題をするのではなく、教わったものをしっかりと自分のものにできるようにすることが大切だととても感じました。

2019年3月9日現在

岡山大学 理学部 化学科

山田 隆史さん(高松桜井高 現)

私の苦手としていた英語も、高校とは違った方向からの授業で 楽しく取り組むことができました。英語を学ぶことが好きになれたのは非常識な英語の授業のおかげだと思います。自習室を毎日使用させていただけたことで、勉強を続けることができました。自分に合った映像授業と何かを感じる自習室と相性が良くて結果が出ました。
最後に一番好きだったイベント「K-3 CLIMAX」で一度優勝させていただけたことがとてもいい思い出になっております。いろいろありがとうございました。

 

香川大学 経済学部 経済学科

宮脇 令佳さん(高松一高 卒)

現役生の時には「努力は時に報われないこともある」という事を学びました。もう一年受験生(浪人)をすることを決めましたが、7年間、高松進学塾に在籍していましたので、高校の補習科に通いながらもう一年通塾をさせてもらいました。浪人する間、この空間は私を冷静にさせてくれ、「与えられたものをがむしゃらにこなすだけではいけない」という事を痛感し、「どこがダメなのか、どうすればよいのか、いろいろ工夫し、自分で判断し計画、行動する」事ができるようになりました。受験生活2年間苦しいこともたくさんありましたが、頑張ってこれたのは高松進学塾のおかげです。8年間ありがとうございました。

 

ノートルダム清心女子大学 人間生活学部 人間生活学科
伊東 未来莉さん(高松北高 現)

大学入試において大切なことは早いうちから志望校を決め、気になった大学のパンフレットを取り寄せ、オープンキャンパスに参加して模擬授業などを受け,志望校を決めました。私は早いうちに指定校を視野に入れたので、受験勉強は一般入試に必要な科目だけに専念することができました。指定校推薦では毎日の生活態度や定期テスト、部活も重要視されます。私は高校1年の時から評定平均を高く維持することや、部活の顧問の先生と相談したりしました。指定校推薦に必要な志望理由書では大学のことをよく調べ、なぜこの大学でなければいけないのかという意思を書くことが重要です。私は塾長先生や学校の先生に添削してもらい8回ほど書き直しをしました。また、指定校推薦で合格しても後々のために英検などを受けたりして勉強をしておくことをおすすめします。私は中学1年から高校3年生まで進路について塾長先生に相談しました。進路について迷った時は早めに塾長先生に相談すると的確なアドバイスをくれるので良いと思います。後輩のみなさん!希望の進路に向けて早めにコツコツがんばってください!

このページの先頭へ